LOVEの「今日ここライブ」が相馬に行くという事

プログラム

今日ここワークショップ12:00~18:00(予定)

スティーヴ エトウの
手作り打楽器会

パーカッショニスト・スティーヴ エトウと一緒にパーカッションを作れるワークショップ!お好きなものを持参していただくか、材料のご用意もありますので手ぶらでのご参加も大歓迎!最後はみんなで演奏も!

【参加費】300円
小学生以下、及び小学生気分の大人の皆さんまで!

講師の紹介
 
1958年LA生まれ。父は箏曲家 故・衛藤公雄、弟は和太鼓奏者のレナード衛藤という音楽一家の次男。大黒摩季、堂本剛、布袋寅泰などさまざまなアーティストをサポート。即興による音と映像のソロ・ライヴも活発。2015年より奈良在住。今年で1267年目となる東大寺二月堂お水取り(修二会)のサポート役である仲間(ちゅうげん)を務めるなど「おそらく日本で一番ご利益のありそうなパーカッショニスト(LOVE談)」 スティーブ エトウ 公式サイト

1958年LA生まれ。父は箏曲家 故・衛藤公雄、弟は和太鼓奏者のレナード衛藤という音楽一家の次男。大黒摩季、堂本剛、布袋寅泰などさまざまなアーティストをサポート。即興による音と映像のソロ・ライヴも活発。2015年より奈良在住。今年で1267年目となる東大寺二月堂お水取り(修二会)のサポート役である仲間(ちゅうげん)を務めるなど「おそらく日本で一番ご利益のありそうなパーカッショニスト(LOVE談)」
スティーブ エトウ 公式サイト

 
40年近くプロで色々やってます。なんでも楽器に致します。あなたのアイデアで「これは楽器になりそう!?」と思うものを持ってきてもよろしいよ!材料はこちらでも散らかしておくのでお気軽にどうぞ!危ない工作は致しませんのでご安心を。最後はメインステージで私と一緒に騒げます。

ハモニカサンタ
田中 幸栄の
ハーモニカ教室&発表会

ハーモニカ教室ワークショップ!参加者全員にハーモニカ(新品)をプレゼント!ご自分のハーモニカ持参での参加もできます!練習した後は、大合奏してみよう!

【参加費】500円
小学生から大人までどなたでも
参加者全員に鈴木楽器の新品ハーモニカ(エアーウェーヴAW-1)を差し上げます。

講師の紹介
 
1971年東京都出身。日本のジャズハーモニカのパイオニアであり、アジアのジャズ・ブルースハーモニカシーンをけん引する国際的ハーモニカ奏者。アメリカ最大のハーモニカフェスティバル「SPAH」にのメインステージに度々出演(アジア人唯一)。国際コンテストでは審査員として毎年招聘され、セミナーやコンサートも行なっている。また、スタジオミュージシャンとして様々なアーティストや映画、TVなどのレコーディングに多数参加する傍ら、世界の子どもたちへの支援を続けている。 田中 幸栄 公式サイト

1971年東京都出身。日本のジャズハーモニカのパイオニアであり、アジアのジャズ・ブルースハーモニカシーンをけん引する国際的ハーモニカ奏者。アメリカ最大のハーモニカフェスティバル「SPAH」にのメインステージに度々出演(アジア人唯一)。国際コンテストでは審査員として毎年招聘され、セミナーやコンサートも行なっている。また、スタジオミュージシャンとして様々なアーティストや映画、TVなどのレコーディングに多数参加する傍ら、世界の子どもたちへの支援を続けている。
田中 幸栄 公式サイト

 
プロのハーモニカ奏者として世界を飛び回って演奏活動してますが、ハモニカサンタという名でアフリカやスリランカ、そして宮城県亘理などでハーモニカを配って教えてみんなで合奏する活動もしてます。そして今度は相馬に行くよ!ハモニカサンタと一緒にハーモニカを吹こう♪譜面なんかわからなくても全然大丈夫♪音楽を奏でる喜びを一緒に味わいましょう!最後はメインステージでみんなで演奏できるよ!

丹波博士の
紙ヒコーキ教室

世界一!?よく飛ぶ紙ヒコーキが作れるワークショップ。おどろくほどよく飛ぶ紙ヒコーキの作り方、教えます♪作ったら、みんなで飛ばしてみよう!

【参加費】300円

講師の紹介
 
小学校の頃より、紙飛行機を自分で設計、製作して飛ばして遊ぶ。1994年、第2回全日本紙飛行機選手権大会で優勝。各地の科学館・博物館や各種イベントで、親子を対象とした教室を開催し、「なぜ飛ぶの?」という疑問に答えながら、子どもたちの科学への関心も育てている。NHK教育テレビ「すイエんサー」「趣味悠々」など、テレビ出演も多数。著書に『よく飛ぶ!! 紙ヒコーキ』(ブティック社)など。東北大学大学院機械工学専攻修了。工学博士。 丹波 純 公式サイト

小学校の頃より、紙飛行機を自分で設計、製作して飛ばして遊ぶ。1994年、第2回全日本紙飛行機選手権大会で優勝。各地の科学館・博物館や各種イベントで、親子を対象とした教室を開催し、「なぜ飛ぶの?」という疑問に答えながら、子どもたちの科学への関心も育てている。NHK教育テレビ「すイエんサー」「趣味悠々」など、テレビ出演も多数。著書に『よく飛ぶ!! 紙ヒコーキ』(ブティック社)など。東北大学大学院機械工学専攻修了。工学博士。
丹波 純 公式サイト

 
自分で作った紙ヒコーキが、スーッと飛ぶと、とてもうれしいものです。特に、青い空の中を飛んでいる時には、自分の心が飛んでいるような気がします。気まぐれに飛んでいるように見える紙ヒコーキにも、ちゃんと飛ぶ理由があって、その原理は本物の飛行機と同じです。よく飛ぶようにするためには、ていねいに作って翼の角度を上手に調整し、飛ばし方も練習が必要なので、けっこう大変です。だからこそ、よく飛んだときの喜びは格別です。そして、モノを作る楽しさ、考えることの楽しさを感じることができます。さあ、友達同士、親子でたくさん作って、相馬の青空の下で思いっきり飛ばしましょう!
and more...
  • プログラムトップに戻るプログラムトップに戻る
    • 今日ここライブプログラムトップに戻る
    • 今日ここマーケット今日ここマーケット
    • 今日ここフード今日ここフード